皮膚病の感染予防

わんこの病気 comments(0) - ちこのと〜ちゃんとか〜ちゃん
暖かくなってきたので、お出かけ先や散歩での皮膚病に対して注意したいですね







海、川では、サンゴやウニ、クラゲなど
刺されてのケガや、足場の悪い所では気をつける


草むらでは、蚊や蛇や蜂、毒性のある植物
ヒキガエルは、毒素を分泌するので注意する



フィラリア感染予防の薬は、必ず投与しましょう







目のまわりや耳、口のまわり、わきや股、指間にダニがついていないか


被毛の間に黒い粒(ノミの糞)が落ちていないかをチェック


黒い粒に水を垂らして、赤くにじんだらノミがいる証拠です



ブラッシングをまめにして、愛犬の被毛をチェックしましょう







当店のグルーミングスプレーは、虫除け効果、ドライシャンプーや体臭予防の効果もあります







ご注文はこちらから


JUGEMテーマ:ペット

JUGEMテーマ:わんこ

JUGEMテーマ:いぬのきもち

JUGEMテーマ:写真


わんこマッサージ

わんこの病気 comments(0) - ちこのと〜ちゃんとか〜ちゃん
先日、シニア犬講座でマッサージを
やりましたよ!


肉球をもみもみ







脚の関節を優しく屈伸運動







背骨にそってほぐしていきます






まぁまぁ、気持ちよさそうですね







顔面もほぐした方がいいんだって(笑)

ちょっと変顔じゃない?







アジリティやディスクキャッチをする
わんこは、準備体操と終わった後の
ストレッチをきちんとやってあげる


関節に疾患がある愛犬は、高い位置で食事させる



床を滑りにくくするなど、日常生活でも気をつけてあげるといいですね(*^ー^)ノ♪



JUGEMテーマ:ペット
JUGEMテーマ:わんこ
JUGEMテーマ:いぬのきもち
JUGEMテーマ:写真





愛犬の下痢症

わんこの病気 comments(4) - ちこのと〜ちゃんとか〜ちゃん
わが家のてんちゃが下痢になってしまいましたので、病院へいってきました







〈下痢症とは…〉



下痢便は水分が多い順に
「水様便」「泥状便」「軟便」と呼ばれています



〈下痢症の原因〉



・食事や環境の変化による消化不良

・感染症(細菌、ウイルス、寄生虫)

・アレルギー、薬の中毒、食中毒



〈下痢が続くと…〉



脱水や電解質の異常を引き起こします

胃腸の働きが悪くなり、栄養不良で
命に関わることもあるので

2日以上続く時は、必ず動物病院に行きましょう!







〈消化器疾患を見抜くポイント〉


・便が柔らかく、取りにくいため片付けるのが大変である


・ 便の臭いが強い


・ 排便する時に痛がる


・ おならが多い


・ お腹がキュルキュルと鳴り 元気がなく 震えている


・ 便に血液や粘膜がまじっている


しばらく、ふやかしたフードとお薬を飲んで早く元気になろうね







JUGEMテーマ:ペット
JUGEMテーマ:わんこ
JUGEMテーマ:いぬのきもち
JUGEMテーマ:写真



  
無料ブログ作成サービス JUGEM